DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山田太郎ものがたり・第六話

《兄ちゃん一目ボレ》

夏休みを迎え、太郎は弟妹たちをプールに連れてって遣りたいが、その金が無い

山田家の唯一の頼りは託也(櫻井翔)のお中元のお裾分けだった

太郎は託也の家ですれ違った女性の香に意識を奪われてしまう

その話を聞いた母・綾子(菊地桃子)は「それは恋だ」と太郎をちゃかした

そんな中、高校の卒業生で大学で映画製作を学ぶ小谷(水川あさみ)が一ノ宮校長(宇津井健)に映画の協力を求めてくる

映画に出演するとホットケーキが貰えると知った太郎は一つ返事で映画に出演することになった

貧しい少年とお金持ち令嬢の恋の話で、少年には太郎、令嬢にはオーデションで隆子(多部未華子)が決まる

映画撮影が始まると隆子はストーリーに現実の自分を重ねて、太郎への想いを募らせるのでした

隆子は貧乏な太郎の現実から逃げ出そうとしていた

託也は「現実から逃げ出さなければ、良いことがあるのでは」と隆子にアドバイスした

隆子は「一番大切なことはお金!」と発言して小谷から絶賛された

放課後、隆子の家を訪ねた太郎は隆子の両親に“絶賛”された、隆子は現実の貧乏な太郎の姿から離れたかった

映画撮影は隆子の意志とは反対で大好評で撮影された

次第に太郎は隆子の不思議な匂いに翻弄されていった

撮影の後、太郎の家ではホットケーキを焼くことになった、隆子は太郎の弟妹たちが一つのホットケーキを切り分け食べる姿を見て、“世の中には金より大切な温かい世界があること”を知るのだった

映画撮影は佳境に入る

『オレは君なしには生きていけない』

太郎の“決め台詞”で撮影は終了した

隆子の心の中には『たとえ貧しくても、あなたが好き』と台詞が頭から離れなくなる

一方、太郎は『君なしには生きていけない』の台詞が上手く言えずに悩んでいた

そこで再び託也が太郎にアドバイス

君をハンバーグに変えてみたら?

『オレはハンバーグなしには生きていけない!』

何と、太郎は隆子の姿をハンバーグに見立てて演技していた

太郎が大切な物は隆子では無くで“ハンバーグ”と撮影終了後に小谷から貰った“家族の人数分のプールの入場券”だった
太郎の楽しい夏休みは、まだまだ始まったばかりだった


Thank(y^o^u)★★★☆☆



スポンサーサイト
  1. 2007/08/11(土) 00:12:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 山おんな壁おんな・第六話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/225-1a07fbf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。