DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山田太郎ものがたり・第七話


《大波乱!!夏の合宿》

太郎(二宮和也)は夏休み中もアルバイトに忙しく、休みは残り僅かとなった
そんな兄に次郎ら弟妹たちは「夏休みを1日プレゼントしたい」と提案する
太郎は1日でも弟妹、そして母と離れることが心配だった


一方、太郎に告白したものの“ハンバーグ”に負けて玉砕された隆子(多部未華子)にも、もう一度、告白する機会を作ってやろうと同級生・中井(大塚ちひろ)は託也(櫻井翔)を誘って勉強会を開くことを計画した

夏休み最後の日、中井・太郎・託也・隆子は寺での勉強会に出掛ける

ところが太郎は弟妹のことが心配で勉強に集中が出来ない

太郎の居ない山田家では次郎を中心に分担で家事をこなす事になった
そこに一ノ宮校長と担任の鳥居(吹石一恵)が家庭訪問に遣ってくる、山田家は賑やかになっていた

一ノ宮校長とスーパーに買い物に出た弟妹は普段道理の節約の買い物をしていた
ファミレスに入った弟妹たちは『母に御土産が欲しい』と言い出すのでした

一方、隆子は再び太郎に告白したいと思っていた、杉浦(忍成修吾)も太郎に“恋”していることに気が付いた

太郎と隆子は初めて二人きりになった
太郎は隆子に『夏休みの最後に仲間たちと思い出作りができて嬉しかった』と感謝の言葉を話すのでした

隆子は結局、太郎に『好き』と告白出来ないままに勉強会を終えることになってしまう

太郎たちは寺の境内で花火をしていると突然の雷雨が降ってきた

山田家では食事をしていた、すると屋根から雨漏りか始まった、山田家では次郎を中心に雨漏り対策が始まった

太郎は激しい雷雨を見ているうちに自分が弟妹と離れて暮らしては生けないことに気が付く

太郎は寺に隆子たちを残したまま、雷雨の中を家路に急ぐのだった

太郎は幼い弟妹がいるから貧しくても頑張れるのでした。


Thank(y^o^u)★★★☆☆




スポンサーサイト
  1. 2007/08/18(土) 00:50:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<めちゃ×2イケてるッ! | ホーム | 山おんな壁おんな・第 七話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/233-36bb469a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。