FC2ブログ

DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歌姫・第1話

《記憶を持たない昭和のスーパスター登場!!》

平成19年秋、小泉旭(長瀬智也)は昭和の大歌手である母・清川さくら(ジュディ・オング)に命じられて高知県土佐清水のオリオン座に閉館前の最後作品「歌姫」を観にやって来た

さくらは自分の父が愛した「歌姫」を旭に観せたかったのだ
さくらは旭に「映画を観たら人生が変わる」と告げるのだった

「歌姫」とは戦争で記憶を失った男と男を愛した女の純愛の話だった


昭和30年代の土佐清水
オリオン座の映写技師・四万十太郎(長瀬智也)は館主の岸田勝男(高田純次)と、その妻・浜子(風吹ジュン)、娘・鈴(相武紗季)と暮らしていた

太郎は10年前に海岸で倒れているところを勝男に助けられて、記憶喪失て四万十太郎と名乗っていた

ある日太郎は、「映画興行を任せろ」という山之内一家と口論になり、たんかを切って帰ってくる

怒った山之内一家の親分(古谷一行)は部下にオリオン座に対して嫌がらせを進言する

そんななか、町内で、のど自慢大会が開かれることになった、優勝商品のオート三輪に憧れる太郎
太郎と鈴は顔を合わせれば口喧嘩をしていたが、鈴は太郎が気になる存在になっていた
鈴は太郎の誕生日のプレゼントのために、のど自慢に出場することを決意する
その日から鈴の歌の特訓が始まった

一方、オリオン座は客足が止まってしまう、山之内一家が映画館の入り口で嫌がらせをしていたのだ
山之内一家は、のど自慢大会も仕切っていた、鈴は意地でも優勝したいと思っていた

のど自慢の前日、鈴は緊張して声がでなくなっていた、太郎は鈴にサングラスを付けて出場することを進言する

そんな時、山之内一家は鈴に「のど自慢に出場することを辞めるように」と脅しをかけるのだった

当日、山之内一家は、のど自慢にプロの歌手を秘かに出場させていた
最初から鈴に優勝させる気持ちがなく妨害するつもりだった
おまけに、鈴は太郎のサングラスを紛失して声が出なくなってしまう

山之内一家の汚い行動に怒った太郎は山之内一家と歌で勝負することを決意するのだった

山之内一家はプロの歌手・芥川(秋山竜次)を用意していた。


Thank(y^o^u)★★★☆☆

スポンサーサイト
  1. 2007/10/13(土) 03:43:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドリーム☆アゲイン・第1話 | ホーム | 働きマン・第1話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/277-0ffec699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。