FC2ブログ

DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガリレオ・第1章


《燃える!変人天才科学者!!》

帝都大学の准教授・湯川学(福山雅治)は、親友の刑事・草薙(北村一輝)から紹介された新人刑事の内海薫(柴咲コウ)に、深夜、住宅街で騒いでいた若者の頭が燃えだして若者が焼死した事件の捜査協力を求められる

湯川はオカルトや超常現象などの事件を科学的な知識を駆使して解決していた

「人が燃えた」と薫から聞いた湯川は事件に興味を示す

現場に向かった湯川は「髪の毛が後頭部から燃えた」と聞き不信を抱く

現場の聞き込みをしていた薫は現場近くのアパートに住む金森(唐沢寿明)に出会う、金森は薫の聞き込みに「何も見なかった」と答えた

現場を調べていた湯川は現場に煙草で出来た焼き焦げが沢山あることを不思議に思っていた

事件当日、空に浮かぶ赤い糸を見たという少女に出会う
少女は「人の頭の高さを赤い糸が走るのを七夕の夜にも見た」と答えた

湯川は、現場の近くで気密部品を扱う時田製作所に注目する

そこには、現場の向かいにあるアパートに住む金森が従業員として働いていた

薫はロサンゼルスに家族旅行に行き、チャイニーズマヒアの抗争に巻き込まれて家族を皆殺しにされていた、薫は悪を憎み刑事になったのでした

湯川は大学のキャンバスに事件現場を再現してみた
「犯人はレーザーと数枚の鏡を狭い路地に貼りつけて火を起したのでは?」と仮説をした

その晩、現場の張り込みをしていた薫は犯行現場のゴミ置場が赤い光線で燃えるのを目撃する

向かいの時田製作所から金森がレーザーを発射していたのだ

金森は「犯行現場にレーザーを放っていて、偶然、少年に当ってしまった」と話す

湯川は「レーザーで人が簡単に殺せるのか?」と疑問を持った
事件を再現すると43回もレーザーを放射しないと的に当らなかった

金森は少年をレーザーで殺すために3ヵ月前から実験を繰り返して犯行に及んでいた

“偶然”では無く“計画的”な犯行だった

金森は趣味の朗読を深夜、静かに楽しんでいた、その楽しみを奪った少年たちが許せなかった


この秋の月9ドラマは福山雅治と柴咲コウの痛快ミステリーでした。


Thank(y^o^u)★★★☆☆

スポンサーサイト
  1. 2007/10/16(火) 02:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<働きマン・第2話 | ホーム | ハタチの恋人・第1話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/280-88ddc2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。