FC2ブログ

DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

医龍2・第2話

《捨てられる患者》

朝田(坂口憲二)らチーム・ドラゴンを招集したのは北洋病院のオーナー・片岡一美(内田有紀)だった
片岡は明真付属大学病院と北洋病院との業務提携をして、ゆくゆくは明真を裕福層を中心にした心臓外科病院にする腹積もりだった

北洋病院の優秀な医師たちが明真に移動になり北洋病院の、たくさんの患者が明真に移動してくる
北洋病院は新しく裕福層の人々のための人間ドックに生まれ変わる構想だった

朝田は野口(岸部一徳)が明真を心臓移植の認定病院にして世界の優秀な医師を集める野望に納得がいかなかった

そんな時、明真大学病院に8年前に手術を受けた西沢(牟田悌三)が現れ、心臓の不調を訴える

応対した看護師は「何度来ても診察結果は変わらない」と冷たくあしらうのだった

西沢を診察した藤吉(佐々木蔵之介)は西沢の心臓に重大な心臓疾患を見付ける、藤吉は朝田に手術を依頼する


だが、野口は生活の貧しい老人・西沢の受け入れを拒否して北洋病院に転院させるのだった

野口は新制・明真を立ち上げるためには情けを捨てる

自分に従わない朝田、伊集院(小池徹平)を北洋病院に移動させた、朝田のバチスタチームは半分に寸断されてしまう

片岡は朝田に「医師として活躍出来ないくらいに潰れてもらう」と言い出す

優秀な医師が移動してしまった北洋には片岡にダメなレッテルを貼られた医師しか残っていなかった

北洋病院は院長が返済出来ない融資を受けて片岡に買い取られてしまったのだ

朝田は『北洋病院で残された医師を再生して、新しいバチスタチームを作る』と心に決めた


そんななか、明真では野口は片岡の紹介で新しく優秀な医師を雇うことになった


Thank(y^o^u)★★★☆☆

スポンサーサイト
  1. 2007/10/19(金) 01:20:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歌姫・第2話 | ホーム | 働きマン・第2話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/282-faee9242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。