FC2ブログ

DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

働きマン・第3話


《いつか勝負を掛けるぞマン》

入社6ヵ月の生意気な新人・田中(速見もこみち)は仕事よりプライベートを大切にしていた、指導係の弘子(菅野美穂)は注意する気にもなれずにイライラしていた

メンズ・ファッション誌の編集が希望の田中は編集部でも勘違いを連発し、周囲はあきれるばかり

弘子は「やりたい仕事ばかりするのが仕事ではない」と諭す

そんななか、小林(荒川良々)がインフルエンザにかかり田中と弘子がグラビアアイドル・堀田めぐみ(小松彩夏)のインタビューを急遽、担当することになった

田中がめぐみの記事を書くことになった、田中はおじさん相手の記事を軽蔑していた

そんな中、めぐみに出生の秘密があるとのタレコミか入る

田中はタレコミ情報を信じないで聞き流してしまう

直に情報を手入れるために情報提供者に会った田中は堀田めぐみの実の父親かロックミュージシャンであると告白された

深夜、弘子は彼氏の新二(吉沢悠)とデート中に街中を資料を抱えて走っている田中を見掛ける

田中は企画書を徹夜で書き上げ編集長の成田(沢村一樹)に提出した

しかし成田は田中の企画をボツにした

田中は成田の対応に納得がいかずに無機になり口答えをしてしまう

その姿を見た弘子は田中を殴ってしまう

田中に情報を提供した女性は、業界では有名な“堀田めぐみの妹”だった

経験不足の田中はオタクに利用されていたのだった

弘子は田中に「目の前の仕事をこなせない男がでかい口をたたくな」と叱るのだった

弘子は新人の田中を教育するために自ら嫌われ者になったのだった

田中は弘子に「芸能スクープネタを記事にしている時は楽しかった」と話すのでした

田中は編集部の仕事も面白いと思うのでした

失敗を繰り返して新人は成長する
田中も“働きマン”だった。

Thank(y^o^u)★★★☆☆

スポンサーサイト
  1. 2007/10/25(木) 01:46:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<医龍2・第2話 | ホーム | スワンの馬鹿!・第2話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/288-f0cfa06d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。