FC2ブログ

DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガリレオ・第3話

《騒霊ぐ消えた夫と幽霊の棲む黒い家!》

薫(柴咲コウ)は湯川に携帯のメールで呼び出された

5日前から失踪した夫を捜してほしいという弥生(広末涼子)の相談を押し付けられる

弥生の話では、夫・直樹(渡辺裕樹)は“介護用品メーカー”に勤めていて、普段からお年寄りの世話を焼いており、失踪した日も老婦人・ヒデの家に行っていたのではないかと話す

だが、老婦人・ヒデは直樹が行方不明になった日に心筋梗塞で死んでいた

ヒデの家には甥の昌明(甲本雅裕)ら4人が生活していた
4人は毎晩、夜の8時に出掛けて、9時に帰宅していた
弥生の話では「誰も居ない家の中から物音がした」と話す

心の綺麗な夫・直樹が何らかの事件に巻き込まれ、ヒデの家に監禁されていると訴える

薫は弥生と一緒に、ヒデの家に侵入する

数分後、2人は家の中で不思議な震動に襲われる、地震でもないのにヒデの家だけが揺れていた

薫は「ポルターガイスト現象が起きた」と湯川に話すのだった

湯川は古いヒデの家の土地の見取り図を取り寄せた

振動現象はヒデが亡くなってから起きていた

湯川は「4人が恐れているのは直樹の霊だ」と話す

甥の昌明はヒデの家の中で何かを探していた

薫の聞き込み捜査の結果、ヒデは家の中に高額な財産を隠していた

昌明は、サラ金会社の社員と家の中を探していたのだ

湯川は「直樹は殺されて、遺体を家の中に隠している」と推理した

昼間、湯川と薫はヒデの家に踏み込んだ

数分後、昼間なのに振動現象が起きた

湯川はヒデの家の床下を調べ始めた

床下から等身大のセメントの固まりが出てくる

ヒデの家の下には大きなマンホールが走っていた、マンホールには毎晩8時に近所の工場から熱泉が流れていた
犯人は直樹の遺体をセメントで固めて床下に穴を掘り埋めたのだった

ところが、慌てていたためにマンホールに穴を空けてしまったのだ

振動は熱泉が放出されて起きたのだ

直樹はヒデから銀行の貸し金庫の鍵を預かっていた、ヒデの財産を守ろうとして殺されたのだった

事件は湯川の名推理で解決した

しかし、薫は優しかった直樹を弥生から奪った犯人が許せなかった。


柴咲コウと広末涼子の黄金の共演に時間が過ぎるのを忘れてしまいました。


Thank(y^o^u)★★★★☆
スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 02:47:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スワンの馬鹿!・第3話 | ホーム | ハタチの恋人・第3話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/293-4cdbccd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。