FC2ブログ

DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハタチの恋人・第6話


《嵐を呼ぶ男》

就職に失敗したユリ(長澤まさみ)を圭祐(明石家さんま)は思わず抱き締めてしまう

その時、突然に激しい雨が降りだした、ユリの部屋に雨宿りに誘われた圭祐は、意識してしまい、家の前まで行きながらもホテルに帰ることに

だが、話を聞いた風太(市村正親)から「一生に一度のチャンスを逃した」とバカにされる

風太の部屋にやって来た編集者の中島(キムラ緑子)からも同じように言われ、すっかり落ち込んでしまう

週末、圭祐は前の週にユリに渡しそびれたプレゼントを持ってユリと会う

すると今度は台風が東京に襲来、再び雨宿りに誘われた圭祐は、ついにユリの部屋を訪れた

ユリに促されベットに座った圭祐、すると、突然に停電になってしまった

アロマのろうそくの灯りの中、圭祐は頭の中で妄想しながらユリと会話を始める

そんな中、圭祐の携帯に風太から電話が入る、風太は圭祐がユリと楽しんでいると勘違いしていたのだ

一方、ユリの部屋の玄関のインターホンが突然に鳴りだす

ユリの部屋の雨漏りを心配した由紀夫(塚本高史)だった、由紀夫はユリの部屋の雰囲気を察して帰ってしまう

結局、圭祐とユリは雨が上がる翌朝まで一緒に過ごしてしまう

風太の部屋に帰宅した圭祐

風太は「ついに、男と女の関係を持ったのだ!」と圭祐を冷かす

そこに、ユリが“森山リュウ”を訪ねてくる

圭祐はユリの部屋に「若いって素晴らしい、頑張れ!」とのカードを置いてきたのだった

カードに感激したユリは改めて“森山リュウ”である圭祐を尊敬するのだった

そこに、ユリの仕事仲間と編集者、そして由紀夫が鉢合わせしてしまう

3人の供述から圭祐が“森山リュウ”でないことがバレてしまった

圭祐とユリの恋愛物語は終わりを向かえる事になってしまう


Thank(y^o^u)★★★☆☆

スポンサーサイト
  1. 2007/11/19(月) 00:46:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ガリレオ・第6章 | ホーム | ドリーム☆アゲイン・第6話>>

コメント

容器・ストッカー・調味料容器

容器・ストッカー・調味料容器を探すなら http://www.bigwatersrealty.com/215783/100762/
  1. 2008/09/22(月) 05:12:30 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/313-b019f085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。