FC2ブログ

DORAMA‐LIFE

テレビ番組を見てのあらすじ・感想などを書いてみました、時にタレントブログについても書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あしたの、喜多喜男・第1話

《人生残り11日》

これまて踏んだらけったりの人生を送ってきた喜男(小日向文世)は、11年前に飛行機事故で亡くなった親友・三波(今井雅之)の命日に自ら命を絶つこと決意する

残された時間は11日

その間にやり残したことを片付けたい喜男の頭の中に浮かぶのは、別れた妻のみずほ(小西真奈美)のことだった

11年前に喜男は病院に入院した時に看護士だったみずほと知り合い結婚をした

誰もがうらやむ美人のみずほとの結婚生活は、喜男にとって人生最高の思い出だった

銀行で全財産の100万円を下ろした喜男

その帰り道、タクシー乗り場で行列に割り込んできて知り合ったキャバクラのスカウトマン・平太(松田龍平)と知り合う

「自分は11日後に自殺する」との話を聞いた平太は喜男に興味を持つ

嫌がる喜男をキャバクラに誘う平太

喜男は昔から“11”と言う数字に不思議と縁があった、だから残された11日間を楽しみたいと考えていた

キャバクラで色紙にサインを頼まれて何故か“生きる希望”と書いてしまった喜男は自分の11日後の姿を想像して思わず笑ってしまう


喜男とみずほは知り合って最初のデートは彫刻の森美術館だった、その時に喜男はみずほにキスをした、そのデートこそが人生のピークだった

一方、みずほは喜男と離婚してから別の男性と結婚していたが、二度目の主人を病気で亡くして10億円の保険金を手にしていた

そんなみずほは11年前に喜男と知り合い美術館でキスをしたことは人生の汚点だと思っていた

平太は喜男のために居場所の分からないみずほを捜し出してくれると話す

平太は喜男の自殺を止めさせるために自宅のマンションに寝泊りさせることにした

弾みでマンションのベランダから足を滑らした喜男は転落しそうになり、手摺りに捉まり、思わず「助けてくれ」と命乞いをしてしまう、11日後に死を考えていた自分が命乞いするとは思ってもみなかった

喜男は人気歌手の宵町しのぶ(吉高由里子)に会いたいと言い出す、平太は知り合いのテレビ局関係者の伝手を使って10万円で念願をかなえさせる

みずほは夫への保険金殺人の疑いをかけられて杉本(生瀬勝久)に身辺調査されていた

思わぬ大金を手にしたみずほと借金地獄に落ちた喜男

喜男の自殺まで、あと残り10日

果たして喜男は無事に自殺願望を成就できるのか?

Thank(y^o^u)★★★☆☆

スポンサーサイト
  1. 2008/01/09(水) 03:08:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<斉藤さん・第1話 | ホーム | 嵐の宿題くん>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doramapia.blog87.fc2.com/tb.php/363-04ce6b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。